カードローンをする時に総量規制に引っかかるとどうなる?

カードローンは簡単な手続きで借りれるので人気がありますが、どこの金融業者を選ぶかで迷う人も多いです。初めて利用する人は、消費者金融などの貸金業者にするか、銀行などの金融機関にするか迷う人も多いですが、それぞれに特徴があるので違いをじっくり把握することが大事です。

消費者金融などの貸金業者では、総量規制があるので申込む時は気をつけなければいけません。総量規制は年収の3分の1を超えて借り入れができないので、総量規制に引っかかると融資を断られてしまいます。年収の全然ない専業主婦も総量規制に引っかかると審査に通らないので。銀行などの金融機関に申込むといいでしょう。

カードローンでは金融業者によって最高限度額が違うのでよく確認することが大事です。消費者金融よりも銀行の方が最高限度額が高くなるので、ゆとりをもった高額な借入をしたいなら総量規制と言われているものではない融資のローンに申込むといいでしょう。消費者金融のカードローンでは、50万円を超える借り入れから収入証明書を提出させる所が多いですが、銀行では100万円以上の借り入れから収入証明書を提出させる所が多いです。中には300万円を超えない借入は、収入証明書を提出しなくていい所もあるので、手続きもスムーズにおこなえます。

カードローンの限度額が高額になればなるほど、金利が低くなる金融業者もあるので、限度額を決める時は慎重におこなう必要があります。限度額は後で増額もできますが、増額をする場合はある期間返済延滞をしないことが条件になります。